輪島うるし箸 株式会社橋本幸作漆器店 輪島塗箸 手描き蒔絵箸 ワンポイント手描き蒔絵箸
ホーム お箸について 本堅地 もてなし箸 手描き蒔絵箸 手彫り沈金箸 乾漆箸 うるし箸 こども箸 金箔箸
 


 
  漆の良さを手軽に感じてください
 直接手に触れ、口に触れる箸は漆塗が最適です。
やさしい口当たりで、食事がさらに美味しく感じられます。
漆は塗肌の温もりや肉厚な質感に安らぎを覚えることから、癒しの塗料とも呼ばれています。漆の箸や器に触れるとしっとりと手になじみ、心安らぐ効果があります。
  塗り方の工夫
 塗り方の工夫で美しく、お求めやすい価格で提供しています。
創業60年の弊社は、塗り方の工夫を積み重ねてきました。
現在は下地の良さ(化学塗料で製造工程の合理化と製造日数の短縮)と、仕上げの美しさ(漆による肉厚の質感や艶やかさ)を兼ね備えた輪島うるし箸を主に製造しています。 
 手描き蒔絵、手彫り沈金、呂色仕上げなどの加飾工程は、熟練の職人が仕上げています。
  純金箔と純金粉
 蒔絵や沈金など箸に加える模様は純金箔、純金粉を使用しています。
永遠の輝きを持つ『金』は、古来より神聖なものとされ、信仰や権力の象徴として使われてきました。また身近に『金』を置くことで権力を示すとともに、邪気を払うということも期待されました。毎日使う箸から、『金』のパワーを取り込みましょう。
 
  贈る想いを伝統の文様で表します
 日本には古来より伝わる文様がたくさんあります。
変化に富む四季に恵まれ、自然を受け止めて文様とし現代まで受け継いできました。
詩情あふれる日本人の美意識の高さは、身の回りの器物にそれら吉祥文様を描き、幸多かれと願い、また贈る心を文様に託してきました。
美しい文様を纏った数々の工芸品が今に残されています。
記念品、ご贈答品にはふさわしい文様で贈りたいものです。
 
 
 
会社概要はこちら
ブログへ
あーと・きよの 携帯ストラップ
 

  橋本幸作漆器店
         
Copyright (C) 2009 Hashimoto-Kousaku Sikkiten. All Rights Reserved.